マンゴーのとろける甘さが大好き


好きなフルーツを一つあげてといわれたら、迷わずマンゴーを上げます。

自然が作ったものなのに、砂糖菓子に負けないぐらいのとろけるあの甘さは、もはや芸術です!

面倒な点といえば、少々切り分けが大変なところでしょうか。

お魚を下ろすみたいに、タネを中心に三枚に卸して、その両側をさいの目に切り目を入れて、皮を逸らせば完熟マンゴーですとスプーンで簡単にすくって食べられます。

迷ってしまうのが、その中央部分の種周辺です。

アッサリ捨てるには、もったいないほどの実がついているので、できるかぎり包丁で削いじゃいます。

ある程度までがんばったら、最後は誰も見ていないのを確認して、こっそり種に吸い付きます。

種の繊維部分がうっかり歯に挟まることもあるのですが、そのデメリットを差し引いても甘い汁は充分に楽しめます。

一昔前ですと、まだまだ高級品だったマンゴーが最近は手ごろな価格で買えるようになってきて、同時にいろんなスイーツにもなってうれしいです。

おすすめ記事

Menu

HOME

 TOP